学校案内

学校長挨拶

 長浜北星高等養護学校の前身は、平成18年、滋賀県で初めて高等学校に併設された高等養護学校として誕生した長浜高等養護学校です。平成28年に長浜北星高等学校に移設され、長浜北星高等養護学校となりました。知的障害のある生徒の企業就労を目指す学校として、「1.確かな力、豊かな心、熱い志を持った生徒を育てる」「2.基礎・基本となる知識、技能、態度を基に、自ら考え、主体的に行動できる、勤労意欲と実践力のある生徒を育てる」「3.共に在る、共に学ぶ学校生活を通して、互いに尊重し高め合う人格を育て、信頼を得ることのできる社会性を育む」という三つの教育目標のもと、保護者や地域社会の願いに応える学校作りを行っています。平成30年度からは「しごと総合科」に学科改編を行い、「系統的学び」「具体的学び」「実践的に学び」を重視し、「働きたい夢を実現する」ための職業教育の充実を推し進めています。

 生徒たちは、全て自宅から自力で通学し、長浜北星高校の生徒たちと入学式や卒業式をはじめとして、生徒会活動や部活動、学園祭などの行事を共に行い、互いに交流し、互いに高め合う関係作りを行い、本校であればこそといえる校風が醸成されつつあります。

 長浜北星高等養護学校の校訓は長浜北星高校と同じく「叡智創造」。学びを通して得た優れた知恵によって、人々の幸せを築いていこうとする精神は、本校教育の根幹です。長浜北星高校総合学科の長年にわたる職業教育の成果を活かしつつ、本校教育のさらなる充実発展を目指していきたいと考えています。どうぞ、今後も長浜北星高等養護学校に、ご支援とご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

滋賀県立長浜北星高等養護学校長

中川 孝子

ページトップへ